So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

君が人生の時 [ミュージカル 劇]

新国立劇場2016/2017シーズンの演劇公演『君が人生の時』の出演者が発表に。坂本昌行、野々すみ花など、多彩な実力派たちが顔をそろえる。

「日本の演劇がどのように西洋演劇と出会い進化してきたか」をテーマに、新翻訳で送る「JAPAN MEETS…−現代劇の系譜をひもとく−」シリーズ。日本の近代演劇に大きな影響を与えた海外戯曲を新たに翻訳し、現在によみがえらせてきた同シリーズの第11弾として、本作は上演される。

ウィリアム・サローヤンが発表した本作は、1939年ニューヨークにて初演され、ニューヨーク劇評家賞とピュリッツァー賞を受賞(本人は辞退)した作品。戦争の影が忍び寄る時代の中、社会の周辺で生活を送り、逆境の中でも誠実であろうとする人びとの健気な美しさを描き出したものだ。

演出を務めるのは同劇場・演劇芸術監督の宮田慶子。翻訳は『星ノ数ホド』の翻訳で、小田島雄志・翻訳戯曲賞を受賞した浦辺千鶴が手掛ける。

■宮田慶子
サローヤンの『君が人生の時』を初めて読んだのは、20代後半だったと思う。正直に白状すると、その時は「何も理解できなかった」というのが事実だ。無理もない。この戯曲は、人生の機微も陰影もわからない若造なんかには、とても理解できない“ホン”なのだ。以来、折りにふれ、ときどきページを開きながら、歳を重ねるうちに、だんだんと“気になるホン”になっていった。そしてついに“やりたいホン”になり、そして、自分で手掛ける幸運な機会にめぐり会えた。身の引締まる想いだ。1930年代の大不況から、次第に第2次世界大戦への重苦しい気配が色濃くなる中、アメリカ演劇界を席巻していた社会劇や政治思想の強い作品に背を向けるように、1939年にサローヤンの『君が人生の時』は生み出された(ちなみに、ソーントン・ワイルダーの『わが町』は前年の1938年の発表である)。主人公ジョオをめぐる、行き交い出入りする人びととのさりげないドラマが積み重なりながら、“時”に包まれた世界が組み上がる。人間をいとおしみ、生きる喜びを紡ぐことによって、不幸な時代への警鐘を鳴らす作者の想いは、知性と誇りを切実に求めている。音楽ダンスも絡みながら、世界の縮図のような“美しい”時間がつくれたら……、と思う。

■坂本昌行
初めて台本に目を通した時は、理解できない自分がいました。では、今はもう理解してるかと問われると困ってしまうのですが。それだけ登場人物たちの微妙な心の揺れや葛藤など、繊細なお芝居が要求される作品だと感じました。心強い役者の皆さんそして演出家の宮田慶子さんと一緒に、また新たな『君が人生の時』をお客さまにお届けできたららと思います。


スタッフ】作=ウィリアム・サローヤン 翻訳=浦辺千鶴 演出=宮田慶子

【キャスト】
坂本昌行/
野々すみ花/『音楽劇 ライムライト』は観ましたよ 綺麗でした
丸山智己/ ハマり役・・・
橋本淳/素敵でした
下総源太朗/
沢田冬樹/中山祐一朗/石橋徹郎/枝元萌/瀬戸さおり/渋谷はるか/RON×II/かみむら周平/
林田航平/イケメン君です 知ってる俳優さま
野坂弘/二木咲子/永澤洋/寺内淳志/坂川慶成/永田涼/一柳みる/篠塚勝/原金太郎/
木場勝己 今回も凄い存在感


ストレートプレイ 演劇なので 3時間はキツイかなと思ってましたら
新国立劇場中劇場の舞台は横に広いので 舞台の上では ダンス 生ピアノ演奏 ハーモニカなどなども観れたり それなりい楽しめました。 出演者の方が多くって・・・



劇場では 鈴木壮馬さん 鈴木絵美さん 水田航生くんも 観にいらしてました。


デスノート 富山公演 [ミュージカル 劇]

デスノートの再演が 富山公演からのスタート

キャストも 初演の功労者吉田鋼太郎さんは  ビリーエリオット  石井一孝さんにまた違ったリュークでした
もっと もっと強烈で良いと思います。

大御所 鹿賀丈史さんが 別所哲也さんに 私的には 鹿賀さんに舞台に立って欲しかった。


実は  「デスノート ザ ミュージカル」2017
開幕の地、富山公演初日。体調不良のため一人のキャストの降板を受け入れざるを得ませんでしたが、初演の同役キャストが急遽駆けつけ、僅かな場当たりのみで完璧以上に演じて下さり、刺激的な大健闘ほか、それを見守り支える気持ちを自分達のモチベーションに変え、よい初日を開けることができだと思います。

夜神さや役の高橋さんの代わりに 前島亜美さんが 駆けつけてくれたそうです。

私の観た午後公演では 無事に復活し高橋果鈴さんが演じて下さった。 変な天候が続いて体調が悪かったのに 頑張っていました。

アンサンブルさんも数名変わって・・・岩橋大君 花より男子に出演なさっていた彼・・・
めちゃくちゃ感じが良くって・・・ 応援するぞ・・・

音楽も楽しめる  デスノートの関しては wowowでも放送してくれたので 毎日でも観れるんですが

改めて ステージを観ると ミュージカルを観ると 感動しますね 迫力満点でした

まあ いつも思う事ですが 浦井君のファンサの凄さはないですね びっくりします   ファンの方を大切にしていますね
日曜日は雨模様でしたら 2階でファンサをしますって 通達が流れました 

舞台も 少し傾斜が付いているので 足に負担がかかるそうです

カッキーの回は 徹平君とのトークショーもあり 楽しめました

俳優の皆さんも 北陸は 美味しい物が沢山あるので・・・食も満足なさったようですね

って姉さまは 今回は 金沢にも行ってきたので 何倍も楽しまさせて頂きました。
寿司は最高でした。
観光も金沢だけですが 満喫させて頂きましたいろいろ覚えてきました、 

ホテルも レミゼの富山公演の時に泊まった コンセプトホテル和休にしました  ここは 至れり尽くせりのサービスがあるのと温泉も 朝食も美味しいし 荷物も預かって下さって・・・ オーバードホールへ来ることがあれば また宿泊しるでしょう。

台湾ツアーが凄く楽しみになりました。 


富山公演に行ってきます [ミュージカル 劇]

連日 観劇 レミゼでは 何と イ・ゴンミョンさんが観にいらしていて まさかの帝国劇場でお逢い出来ました。 嬉しかったです ヤン・ジュンモさんを観に来たんでしょうか   
いつか 日本のミュージカルに出演 挑戦して欲しいです。

そんなこんなで レミゼも 自分の中の ベストの方が・・ 段々絞られてきました。 ご贔屓の方も増えました。 不思議ですね。

さあ ブログの更新をしていなくて 時間が無くって・・・ すみません。

デスノート富山公演を観に行きます

2年前のレミゼを観に行ったので その時は 5公演・・・劇場通いました 富山の近辺も観光したので 今回は 少し足を延ばして 金沢観光も兼ねて行って来ます   

さあ お天気が・・・なんとか大丈夫そうなので・・・ 

facebookには フォトも載せられるので そちらが楽で・・・
感想など また アップさせて頂きます。

おん・すてーじ 「真夜中の弥次さん喜多さん」双 [ミュージカル 劇]

http://www.clie.asia/on_yajikita/

これはTOKYO MXの番組「ブタイモン」放送終了後のCMで解禁されたもの。次回作は「おん・すてーじ『真夜中の弥次さん喜多さん』双」のタイトルで、前作と同じく弥次郎兵衛役を唐橋充、喜多八役を藤原祐規が演じる。また10月28日には東京・Mt.RAINIER HALL SHIBUYA PLEASURE PLEASUREにてイベントを開催。唐橋充と藤原祐規が出演する。チケットの先行予約は、本日9月18日から25日まで受け付け、一般発売は10月1日に開始する。

前作の舞台「おん・すてーじ『真夜中の弥次さん喜多さん』」は2016年1月に東京・シアターGロッソと大阪・サンケイホールブリーゼにて上演。「ブタイモン」での放送をまとめたDVD「おん・てぃーびー『真夜中の弥次さん喜多さん』」前編がCLIEよりリリースされたばかり。またOP&EDテーマ「えにし/弥次喜多ダンシング」のCDも発売中だ


弥次郎兵衛:唐橋充
喜多八:藤原祐規
愛原実花. つかこうへいさんのお嬢様  
松本寛也.
岡田あがさ.
松本祐一.
古谷大和
.加藤良輔 手紙に出演していた




前説も面白く その後に女性軍団も客席に降りて お客様にサービスがあるので 早めに劇場に向かわれた方が良いとおもいます。
楽しめました

スペシャルウイークの後の レミゼ行ってきました。 [ミュージカル 劇]

6月19日は 2階は 学生さんの団体客がいっぱいいらしたので いつもと少し違った雰囲気でした。

怒涛の一週間が終わって 興奮しまくった一週間が終わって 何となく落ち着いて観ることが出来ました。

珍しく両隣が男性でした。 若い青年は ひゃっくりが止まらなくって 始まる前に びっくりさせて止めて揚げようかと思いましたが 飴を渡して 治りと良いですねと言ったら きっと始まったらびっくりして止まると思いますって・・・ 本当に止まりました。 俳優さんのようでした。

もう一人の方は エポニールの亡くなるシーンで 涙をふいていらっしゃいました。

男性のファンも凄く増えてきましたね。 学生の方達も 感動して下さったようで良かったです

気迫ある歌声はいつもと変わりなく 何度観ても感動します

プログラムですが 昨日から 舞台写真入りが 発売になりました 2200円です

姉さま お気に入りが 増えました 

NHK文化センター青山 宮澤佐江さん 藤田俊太郎さんの講義 [独り言]

ブロードウェイミュージカル『ピーターパン』。公演間近の特別トークイベント!

出演キャスト・宮澤佐江さんと演出家・藤田俊太郎さんが作品の舞台裏をご案内します。

ブロードウェイミュージカル『ピーターパン』 東京国際フォーラム

姉さま 初めて 青山一丁目のNHKカルチャーセンターへ行ってきました。 地下鉄で直行なので 凄く楽ちん    4階の受付で お話しを聞いていたら
なんと 藤田俊太郎さんが いらした所で 声を掛けてお話しさせて頂きました。
いつも 偶然に感謝 感謝

5階に行くと もうすでに行列が・・・AKB48及びSNH48、SKE48の元メンバーの 宮澤佐江さん 
私はアイドルの時代は 全く知りませんが 帝劇での王家の紋章を 初演再演と観て・・・
びっくりしたのは 今日は男性ファンが行列で 一人おばさんが浮くかなと思っていましたが
女性の方がほとんどでした。

女性に好かれているアイドルなんですね

26歳の女性の素直なお話が聞けて 凄く楽しかったんです 率直で 素直で素敵な方でした。

今日は 藤田俊太郎さんのお話を聞きたかったんです
彼の作品は

ミュージカル「ザ・ビューティフル・ゲーム」製作発表/馬場徹・大塚千弘らが登壇/劇中歌を披露


観たかったな 再演希望

美女音楽劇『人魚姫』http://www.project-nyx.com/history/stage14ningyo/index.html
これも観ていない

私は 手紙の初演で 心を奪われました
http://no-4.biz/tegami/
舞台に入ってびっくり仰天 号泣する内容ですが

大好きな曲  
ピアノも大好きな 村井一帆さん
川口竜也さんも出演なさっています

その後 クリエでの「ジャージーボーイズ」 もう凄く楽しかったですね
千秋楽の一人一人の挨拶が 凄く長くって 今日と同じでサッカー観戦の梯子があったのですが 大遅刻になってしまいました。  大音君は ピーターパンでお逢いできますね
http://www.tohostage.com/jersey/
2018年9月に再演が決まりましたね また 通いますよ


『Take Me Out』も 観に行きました 一歩踏み込むと 野球のロッカールーム 迫力満点 良知君が 通路で熱演 通路側でしたので ドキドキと ツバキが飛んで・・・類君も 章平君も素晴らしかった 章平君は ピーターパンで拝見できますね
http://www.takemeout-stage.com/topics.html
類君も出演なさっていましたね 春のめざめ 観て来ました


2017の手紙は 何度も観に行きましたが 神戸まで 観に行きました。

http://no-4.biz/tegami2/

柳本大君のファンになりました、 カルトが苦手な私ですが 怪談牡丹燈籠の最前列が取れてしまって 凄く不安でのあります 怖いのが苦手なので・・・

ダニーと紺碧の海は 先日観ましたよ
http://www.parco-play.com/web/program/danny/

そして 今日のお話は ピーターパン

初めていろんなお話を聞けて良かったです

高校浪人をなさった事 でも そのことが 今の彼の演出家の時に 人の心の中を 覗ける感性を持っているのか 彼の作品は 心の中に入ってくるんです

だから ピーターパンが 凄く楽しみになりました。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%94%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%83%91%E3%83%B3_(%E3%83%9F%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%82%B8%E3%82%AB%E3%83%AB)

中村美貴さん ピーターパンだったんだ 

青井陽治さん 演出・・・ 実はいろんな劇場でお逢いして 座席が隣だった時もあったんです
ツクリバナシの時の審査委員長

知らないって怖い







彼の俳優時代の作品 観たかった

TBS/ホリプロ『ロミオとジュリエット』12/04-28日生劇場 

蜷川幸雄さん演出、藤原竜也さんと鈴木杏さん主演の『ロミオとジュリエット』です。
 @日比谷 日生劇場(2004/12/4-28 31ステージ)
 http://www.nissaytheatre.or.jp/index2.html
 全指定 前売当日とも S席10000円 A席7000円
  @愛知 愛知厚生年金会館 1/7-10 5ステージ
  @大阪 シアター・ドラマシティ 1/15-30 13ステージ
  @広島 広島厚生年金会館 1/28-30 4ステージ
  @福岡 北九州芸術劇場 大ホール 2/4-6 4ステージ
  @富山 オーバード・ホール 2/18-19 3ステージ
  @宮城 仙台市民会館 大ホール 2/23-25 4ステージ

 出演:
・モンタギュー家
 藤原竜也 :ロミオ
 妹尾正文 :モンタギュー(その父)
 スズキマリ:モンタギュー夫人
 原田琢磨 :バルサザー(ロミオの従者)
 井上顕  :ベンヴォーリオ(モンタギュー甥、ロミオ友)
 鈴木豊[無名塾] :エイブラハム(12月 召使い)、マキューシオ(1,2月)

・キャピレット家
 鈴木 杏 :ジュリエット
 壤晴彦  :キャピレット(その父)
 立石凉子[演劇集団円] :キャピレット夫人
 梅沢昌代 :乳母
 藤田俊太郎:ピーター(その従者)
 横田栄司[文学座] :ティボルト(ジュリエットの従兄弟)
 新川將人 :サムソン(召使い)、夜警
 田村真  :グレゴリー(召使い)、夜警
 グレート義太夫 :召使い、葬列の男

・大公
 清家栄一:エスカラス大公(ヴェローナを統治)
 高橋洋 :マキューシオ(12月 ロミオ友人、大公親戚)
 月川勇気:パリス(ジュリエットへ求婚、大公親戚)
 マメ山田:序詞役、パリス小姓
 
・ほか
 瑳川哲朗:僧ロレンス
 泉裕  :僧ジョン、キャピレット家の若者、召使い、市民
 藤井びん:薬屋、葬列の男

 福田潔 :夜警、召使い、葬列の男
 髙山春夫:夜警、葬列の男、舞踏会の客、市民、召使い
 宮田幸輝:キャピレット家の若者、召使い、市民
 岡田亮輔:キャピレット家の若者
 伊藤一樹:モンタギュー家の若者、舞踏会の客、市民、エイブラハム(1,2月)
 杉浦大介:モンタギュー家の若者
 菊池康弘:葬列の男、召使い、市民
 
 倉田さえ子、隅田亜矢、大澤朋子、勝島乙江、松岡さやか:葬列の女、舞踏会の客
  、召使い、市民
 江間みずき、名塚裕美:市民、舞踏会の客、召使い

ミュージカル『レ・ミゼラブル』日本初演30周年記念日 [ミュージカル 劇]


ミュージカル『レ・ミゼラブル』日本初演30周年記念日スペシャルカーテンコール 6月17日

2017年6月17日にミュージカル『レ・ミゼラブル』が、帝国劇場で初めて幕を開けて30年の記念日をむかえた。
そのスペシャルカーテンコールの模様を歌唱披露を中心としてまとめた。楽曲は
①70名のキャストによる♪「ワン・デイ・モア」。
②6人ジャン・バルジャン役による♪「彼を帰して」と♪「彼を帰して 30周年バージョン」
OBの鹿賀丈史、別所哲也、今井清隆と現在公演中の福井晶一、吉原光夫、ヤン・ジュンモが歌う。
ピアノの伴奏は、作・音楽のクロード=ミッシェル・シェーンベルク。曲のラストには作・脚本のアラン・ブーブリルも登場。
③70名にキャストによる♪「民衆の歌」
OBOGキャスト
島田歌穂,岩崎ひろみ,鳳蘭, 鹿賀丈史, 別所哲也,前田美波里, 阿知波悟美, 山崎育三郎, 岸祐二, 坂元健児, 藤田朋子,加藤清四郎 他

福井晶一,吉原光夫,ヤン・ジュンモ,

劇場で観れて 本当に幸せでした。



特別カーテンコール最終日、スペシャルゲストとして、作・オリジナルフランス語脚本/アラン・ブーブリルさんと、作・音楽/クロード=ミッシェル・シェーンベルクさん、という、「レ・ミゼラブル」の生みの親のお二人が、わざわざ日本カンパニーの30年を祝うために来日し、登壇してご挨拶をして下さいました。



加えて、シェーンベルクさんがこの日のために準備して下さった30周年記念バージョン「彼を帰して」を、自らもピアノ演奏で加わって下さり、鹿賀丈史さん・別所哲也さん・今井清隆さん・福井晶一さん・ヤンジュンモさん・吉原光夫さんの、歴代・現役6人のバルジャンと、2017カンパニーのアンサンブル全員のコーラスによる豪華編成で披露する、というスペシャル企画も。


また、ラストの「民衆の歌」も、11日から16日まで歌ってきた特別カーテンコール・バージョンに、少し手を加え、曲の途中でオケの演奏が止んで歌声だけが響き渡る、というアレンジが加わって(今朝のリハーサルで、シェーンベルクさんの発案により急遽決定されました!)、最終日を飾るにふさわしい、まさに「特別」なカーテンコールとなったのでした。
http://ameblo.jp/toho-lesmiserables/entry-12284586899.html  ムラタ日記より・・・


『Les Misérables』JAPAN 30th Anniversary from BRAZIL



『Les Misérables』JAPAN 30th Anniversary from LONDON





https://www.youtube.com/watch?v=zAddVrvFuhE



































スペシャルウィークが終わってしまいましたね
11日から始まって 2時公演なので 私的には 平日は一日会社を早退してみることができましたが・・・
最終日も観る事が出来て 夢のようです。

出演者の方達が 毎回凄いゲストの方がいらして 同窓会状態でもあり きっとドキドキ立ったろ思われます。 地方の方にとっては観る事も チケットをゲットすることも 本当に大変だったと思います。

一週間 興奮して寝不足でした

懐かしい動画も含めて・・・

最終日の後は 場所を変えてパーティーがあったそうですね

本当に素晴らしい感動を ありがとうございました

続きを読む


I LOVE A PIANO 東京凱旋 大千秋楽 [ミュージカル 劇]

ブロードウェイを代表するソングライターの名曲で綴るシリーズ「ブロードウェイ・ショウケース」。
その第一弾が、5月に上演予定の『I LOVE A PIANO』。
アーヴィング・バーリン(1888~1989年)の楽曲で構成された一篇だ。

バーリンは、アメリカそのものを体現したような作詞作曲家。
彼の名は知らなくとも、〈ホワイト・クリスマス〉を聴いた事のない人はいないだろう。
大衆を愛し、彼らのために、シンプルで胸に迫る楽曲を書き続けた人だった。
「イースター・パレード」(48年)や「ショウほど素敵な商売はない」(54年)など、
バーリンの楽曲をふんだんに使ったミュージカル映画をご覧になった方も多いはずだ。

この『I LOVE A PIANO』は、「ブルー・スカイ」や「チーク・トゥ・チーク」など、
今も親しまれている名曲を中心に、実に30曲以上を網羅したレビュー。
男性3名、女性3名の精鋭キャストが、緊密感溢れる空間の中でバーリン・メロディーを歌い踊る。
正に、アメリカン・エンタテインメントの神髄とも言うべき楽しいショウになりそうだ。 (中島薫-音楽評論家)



上演台本・訳詞・演出
小林香    彼女には ラディアントベイビーでも訳詩を ブロードウェイミュージカル『きみはいい人、チャーリー・ブラウン』でも 訳詩と演出をなさって下さって 今回も出演者はたった6名 歌が大変上手な俳優さん ダンスが抜群に上手な俳優さん 素晴らしかった

音楽監督
大貫祐一郎

出演
屋良朝幸  もう ジャニーズジュニアのマラソン大会でオーストラリアかな?優勝した頃から 密かに 可愛いと思っていました 2012年、『道化の瞳』も良かった  今回も座長で・・・ 素晴らしかったです


上口耕平  手足が長くって ダンスが綺麗 今回は コミカルな動きもいっぱい 爆笑させていただきました


吉沢梨絵  劇団四季の時代から演技も歌も大好きな女優さんです  流石だと思いました 帝劇が楽しみ
   もう ママになられたんですね

小此木まり  笑顔がマジに可愛いし今回の役もぴったり 本当に輝いていました。 並びの座席にお母様がいらしていたので ご挨拶させて頂きました。   ブラボーの一言

樹里咲穂  凄いあのスタイル 面白すぎる  そして綺麗すぎる  ダンス 抜群
   今思えば よくぞ タクフェスに出演なさって下さったなと トークも最高

鈴木壮麻  お人柄ですね 品もあって マジに凄い俳優さんだと思いました


双眼鏡がなくてもしっかり観れる座席 前が通路の 神席でした

大千秋楽 拍手が鳴りやまずに 何度も 何度もカーテンコール  収拾がつかなくって 三本〆で締めようって事で これがばっちり決まって また 屋良っち しゃべりだした・・・

ピアノが凄かった 
ギリギリに観れて良かったです 感謝感激でした

ミュージカル『レ・ミゼラブル』日本初演30周年記念スペシャルウィーク後日書き直します [ミュージカル 劇]

レミゼラブルSPカテコ 11日日曜日
*One day more(2017組含め全員)
*出演者紹介
*プリン(泉見さん、岡さん除く)からコメント
スターズ(鹿賀今岡今井)
*レミゼ製作陣とWE・ブラジルカンパニーからビデオレター
*海外キャストon my own
*民衆の歌(全員)




11日から 興奮状態が続いています。
寝不足
後日書き直させて頂きます。  

一言 凄いです

楽屋はきっと同窓会状態で 凄く盛り上がっていると思います。
ファンの方も 仲良しの方にお逢いできて幸せです。

「ハムレット」突然の公演キャンセル ソウル [韓流・・・]

エックスポツニュースキム・ヒョンジョン記者]ミュージカル「ハムレット」が予告なしに公演をキャンセルして、観客の不満を買った。

15日午後8時、ソウル新道林ディキュブアートセンターで公演する予定だったミュージカル「ハムレット」の公演が、この日急にキャンセルされた。

現場に位置観客によると、「ハムレット」は、50分遅れ、8時50分まで開始されなかった。 特別案内コメントもなかった。

一歩遅れて上がってきた舞台技術監督は、「公演直前から生じた光のショーなどの問題が生じた回復に失敗しました。申し訳ありませんながら、今日回目の公演をキャンセルする。今日の公演のチケットの全額とし、公演の招待状を進めたい」と謝罪し了解を求めた。

この日ケン、最ソヨン、キム・ジュンヒョン、アンユジン、キム・スンデ、イ・サンジュンが舞台に上がる予定だった。 しかし、公演が突然キャンセルされ、俳優と観客の両方足を向けるした。


遠くからその日を楽しみに行って方は気の毒すぎる

一部では、オーケストラピットに音楽監督がなかったと、賃金滞納問題に起因するボイコットはないかという疑惑を送った。

これと関連し、製作会社のより長いメディア側と広報担当者に連絡を取りましたが、無返答した。 ちょうど俳優の関係者は、エックスポツニュースに「技術的な問題があった伝達た」と明らかにした。

SNS上で「払い戻しと同じキャスティング同じ座席に補償してくれるわけではしたが、残りの回送座席がない状況で何をどのようにしてくれるというのか "、" 50分間待った案内放送がなかった」、「アイドルケンがスケジュールのためにできない来てキャンセルしたと思うんだけどない。観客のほか、別の被害者は、その時間まで待機していた俳優だ」と不満を出した。

2007年の国内初演した後、10周年であり、6年ぶりに帰ってきた「ハムレット」は、シェイクスピアの古典を土台にした作品である。 米国演出家であるロバートヨハンソン、チェコ国民アーティストヤネクレデク月、ブロードウェイ振付師ジェイミーメクダイネルが参加した。 ミン・ヨンギ、キム・ジュンヒョン、イジョンファ、アンユジン、イ・ジフン、シヌ、西銀、ケンが出演している。



엑스포츠뉴스 김현정 기자] 뮤지컬 '햄릿'이 사전 예고 없이 공연을 취소해 관객의 불만을 샀다.

15일 오후 8시 서울 신도림 디큐브아트센터에서 공연할 예정이었던 뮤지컬 '햄릿'의 공연이 이날 갑작스럽게 취소됐다.

현장에 자리한 관객들에 따르면 '햄릿'은 50분이 지연된 8시 50분까지 시작되지 않았다. 별다른 안내 멘트도 없었다.

뒤늦게 올라온 무대 기술 감독은 "공연 직전부터 생긴 공연 조명 등의 문제가 생겼고 복구에 실패했다. 죄송하게도 오늘 회차 공연을 취소한다. 오늘 공연 티켓에 대한 전액 환불과 다음 공연 초대를 진행하겠다"라고 사과하며 양해를 구했다.

이날 켄, 최서연, 김준현, 안유진, 김승대, 이상준이 무대에 오를 예정이었다. 그러나 공연이 갑자기 취소돼 배우와 관객 모두 발걸음을 돌려야 했다.

일부에서는 오케스트라 피트에 음악 감독이 없었다며, 임금체납 문제로 인한 보이콧이 아니냐는 의혹을 보냈다.

이와 관련, 제작사인 더 길 미디어 측과 언론 홍보 담당자에게 연락을 취했지만 묵묵부답했다. 다만 한 배우의 관계자는 엑스포츠뉴스에 "기술적인 문제가 있었다고 전달 받았다"라고 밝혔다.

SNS 상에서는 "환불과 함께 동일캐스팅 동일좌석으로 보상해준다고 말은 했지만 남은 회차 좌석이 없는 상황에서 뭘 어떻게 해준다는 건가", "50분 동안 기다렸는데 안내방송이 없었다", "아이돌인 켄이 스케줄 때문에 못 와서 취소했다고 생각하는데 아니다. 관객 외에 또다른 피해자는 그 시간까지 대기하던 배우들이다"라며 불만을 내놓았다.

2007년 국내 초연한 뒤 10주년이자 6년 만에 돌아온 '햄릿'은 셰익스피어의 고전을 바탕으로 한 작품이다. 미국 연출가인 로버트 요한슨, 체코 국민 아티스트 야넥 레덱츠키, 브로드웨이 안무가 제이미 맥다이넬이 참여했다. 민영기, 김준현, 이정화, 안유진, 이지훈, 신우, 서은광, 켄이 출연 중이다.


ミュージカル'ハムレット'が最悪の公演取り消し事態で観客の激しい抗議を受けた。

15日ソウル経済によれば、この日午後8時ソウル、新道林(シンドリム)ティキュブアトゥセントで公演される予定だった'ハムレット'は50分が遅れた8時50分まで何の案内コメントなしで公演を始めなかった。

待つことに疲れた観客の不満があふれるとすぐに一歩遅れて舞台に上がってきた舞台技術監督は"公演直前からできた公演照明などの問題が生じたし結局復旧にも失敗した。 申し訳なくも今日回送公演を取り消す"と明らかにした。

また"今日公演チケットに対する全額払い戻しと次の公演招待を進める"として観客の了解を求めた。

だが、観客は主宰側の不十分な対応が事態を育てたと指摘する。 公演遅延に対する納得するほどの説得がなかったし、ついに取り消しを通知して時間だけ浪費するようにしたとのこと。

観客は切符売り場で補償対策を要求するために長い列を作ったまま順番を待つなど大きい不便を体験したと伝えられた。

一方、この日公演にはピクス ケン、キム・ジュンヒョン、アン・ユジン、キム・スンデ、チェ・ソヨンなどが舞台に上がる予定だった。

前の10件 | -
メッセージを送る