So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

劇団ホチキス 「PTA」 [ミュージカル 劇]

女性教師はなぜ学校を抜け出し、あの森へ行ったのか…。

彼女はなぜ、死んだのか・・・。

すぐに終わるはずだったPTAの会議が、驚愕の真実を導き出していく。

ワンシチュエーションミステリーコメディー


【あらすじ】

学力テストで、全国ワーストワンをたたき出してしまった安井小学校

県の教育委員会から「解体屋」と呼ばれる、教育改革Gメンが派遣されると噂が飛ぶ

いみじくも、PTA会議がある今日。議題は、「安井小学校に自転車免許をつくろう」というもの

1年前に、交通事故で亡くなっ た女性教師の追悼の意味も込めてのことだった。

すぐに終わるはずだった会議は、あらぬ方 向へ暴走していく・・・。

次々と明らかになる、教師の、親の、そして学校の秘密・・・。

骨肉のバトルの先に、真実が明らかに なる、そこにはさわやかな感動が待ち受けていた!




【出演】
大高洋夫
片山陽加
山﨑雅志
仲谷明香
稲垣成弥  背も高いしイケメンです
村上誠基
栗田学武   パクウンテさんにそっくりでした 
齊藤美和子
國崎 馨
絵理子
藤澤希未
山本洋輔
柳川瑠衣
加藤 敦
http://www.hotchkiss.jp/next.html

この劇団を観るのは初めてでした  凄く良かったです
nice!(0)  コメント(0) 

ANIME&GAME SYMPHONY JAPAN MUSIC FESTIVAL 2017 [ミュージカル 劇]

世界に発信・マンガアニメシリーズ/国際アート・カルチャー都市推進事業」
ANIME&GAME SYMPHONY JAPAN MUSIC FESTIVAL 2017

田中公平氏の代表作「サクラ大戦」が20周年、伊藤賢治氏の代表作「パズル&ドラゴンズ」が5周年をそれぞれ迎えた2017年!
豪華スペシャルユニットで奏でるアニメとゲームの音楽祭!

<田中公平氏楽曲>
『サクラ大戦』より

・ゲキテイ~御旗のもとに~地上の戦士
・つばさ
・花咲く乙女
・帝劇・夜のテーマ
・がんばれ!帝国華撃団
・巴里華撃団、デビュー!
・紐育華撃団、レディ・ゴー!!

『GRAVITY DAZE』シリーズより

・万有引力の発見<GRAVITY DAZE>
・GRAVITY DAZE 2

『ゲートキーパーズ』より

・明日の笑顔のために

『ONE PIECE』より

・A Thousand Dreamers
・ウィーアー!

『勇者王ガオガイガー』メドレー

<伊藤賢治氏楽曲>
『パズル&ドラゴンズ』より

・Departure
・A New Journey
・Walking Through The Towers
・Fight The Fanatics

『パズドラZ』より

・さかさま世界

『サガ フロンティア』より

・ Battle #4

『新約 聖剣伝説』より

・戦闘2~勇気と誇りを胸に~

『サガ スカーレット グレイス』より

・胸に刻んで

「伊藤賢治氏によるカバー」

・リベルタンゴ 作曲:アストル・ピアソラ
・大いなる愛 <さらば宇宙戦艦ヤマト~愛の戦士たち~> 作曲:宮川泰




東京芸術劇場おコンサートホールは大好きなので 興味深々です
16日に 梯子しました
演奏者の方が豪華絢爛で凄かったです

nice!(1)  コメント(0) 

フロッグとトード [ミュージカル 劇]




Based on the books by
Arnold Lobel

Music by
Robert Reale

Book and Lyrics by
Willie Reale

演出
鈴木裕美

上演台本・訳詞
高橋亜子

音楽監督
八幡茂

出演
川平慈英 
鈴木壮麻
戸井勝海
中山昇
宮菜穂子
樹里咲穂
キーボード飯田緑子

16日の東京公演初日に行けました 最前列で観れました。
大好きな樹里さん いつ観ても絵になる。
ベテランの出演者なので 歌もダンスも素敵で しかもおしゃれで楽しめました。
お子さん向けではありましが大人も楽しめます

nice!(0)  コメント(0) 

ポッペラグールプ『POET(ポエット)』 [韓流・・・]





韓国を代表するにポッペラグールプ『POET(ポエット)』開催のお知らせ!

ポエットとは「詩人」という意味で、世の中に映し出される全ての喜怒哀楽と目に見えない真実を、詩人と同じく自分だけの感情を表現するというドラマを垣間見せます。


ポエットは、既存のクラシックなパッペラとは違い、ポップや音楽スタイルに加えてパフォーマンスの要素を加味し、重みがあり距離感のあるポップオペラのイメージを脱した観客との愉快な疎通を可能にしました。

多数の現場経験をもとに、現場で必要とされる内容をストーリーテリング化させ、まるで一編のミュージカル公演を見るような舞台を体験することができます。

真実が込められた歌として、観客の心を動かす“歌う詩人”ポップオペラグループポエットとはいわば最良の選択です

オペラとポップスを融合させた「ポッペラ」のジャンルで知られる、韓国を代表する3人組の「POET」が、日本で初めての単独公演を開催する。


最高の音域帯を持ちながら、感情表現が豊かなミュージカル俳優としても活動中、感性的な音色の心底を鳴らす魅力ヴォイス、テノールのファン・ホジョン!

生まれつきの低音域で重厚なボイスを持った深い響きに、ドラマチックな音楽を作る優れた能力を持つヴォイス、バリトンのファン・ホス!

柔らかく繊細な表現力を持ち、公演が終わった後も観客がその余韻で脱け出すことができなくするソフトな音色ヴォイス、テノールのキム・テフン!

素敵な音楽と感動をお届け出来るよう、感謝の気持ちを込めてお届けするPOET CONCERTに、是非ともお越しくださいますようお願い申し上げます。

実は 超久し振りの新大久保 会場は 何度も行ったことがある  SHOWBOX キムテフン君がメンバーだから・・・ 本来の3名は 違うようです

テフン君が覚えていて下さって 嬉しかったです
会場で歌いながら 客席に降りてきて ハイタッチの時に解って下さって・・・

ファンホス君は ルイスチョイさんとはお友達との事 声楽出身なので チングとの答えでした



nice!(0)  コメント(0) 

『チック』 観てきました。 素晴らしかった [ミュージカル 劇]

気鋭の演出家×注目のキャストでおくる
一生に一度、絶対に忘れられない少年2人のひと夏の旅

世界中で愛されている児童文学書「Tschick」(邦題「14歳、ぼくらの疾走:チックとマイク」作:ヴォルフガング・ヘルンドルフ)を舞台化した『チック』は2011年の初演から本国ドイツで今もなお上演を重ねる話題作です。14歳の少年の目を通して描かれる世界は、等身大の思春期の悩みだけでなく、現代社会の光と影までも鮮やかに映し出し、多くの反響を呼んでいます。
本邦初演となる今回、演出を務めるのは世田谷パブリックシアター初登場となる、ドイツ・ハンブルク出身の注目の演出家・小山ゆうな。長年上演を切望してきたこの作品で自ら翻訳も手掛けます。小山は本作を「14歳という良い事も悪い事もビビットに感じられる時期の少年達を通して、社会の一般常識やルールがいかに、その枠から外れてしまった者にとって残酷か、本当に大切な事を見失わせる可能性を秘めているかを描いた作品」と捉えます。
そしてキャスト陣には魅力的な面々がそろいました。ドイツ版でもあえて大人の俳優が演じたように、思春期真っただ中の“14歳”の少年、少女役を演じるのは、その時代を少し前に通り過ぎてきた柄本時生、篠山輝信、土井ケイトというフレッシュで個性豊かな3人。彼らを取り巻く様々な“大人”を次々と演じ分けるのは実力派の大鷹明良とあめくみちこ。
懐かしくも胸が痛く熱くなるようなひと夏の冒険物語が、シアタートラムの空間いっぱいに広がります。青春真っただ中の方にも、そしてその時代を駆け抜けてきた大人の方たちにもぜひご覧いただきたい作品です。

公式ツイッター= @Tschick2017

<あらすじ>
少年2人の思い出の夏には、狂気と切なさがつまってる……

14歳の冴えない少年マイクは喧嘩ばかりの両親と、退屈な学校生活の毎日に出口のないような息苦しさを感じていた。だがある日そんな生活を一変させる出会いが彼に訪れた。それは転校生のチックだ。彼はロシアからの移民で、風変りで問題児。チックは突然マイクの家を訪ねてくる。「乗れよ」チックが盗み出したオンボロなラーダ・ニーヴァに乗り込み2人はひと夏の旅に出る。
これまで見えていた世界とは全く違う新しい景色と、新しい出会いが彼らを待っていた!


スタッフ/キャスト

【原作】ヴォルフガング・ヘルンドルフ 【上演台本】ロベルト・コアル 
【翻訳・演出】小山ゆうな 
【出演】柄本時生 篠山輝信 土井ケイト あめくみちこ 大鷹明良


春のめざめ 好きの私は これも行かなくてはと 決めていました   

8月15日に 観に行けます

ケイトさんは 土井睦月子さんのお名前で 初演の海辺のカフカから拝見させて頂き 

最近では 藤田俊太郎さん演出の
『ダニーと紺碧の海』  松岡昌宏さんとの二人劇も観させて頂いてます

あめくみちこさんは もう最高傑作の 焼肉ドラゴン 先日は KAATにて 春のめざめにて 熱演でした

柄本 時生さんは お兄さんとごちゃまぜ感がありますが いつもテレビでも拝見している


篠山輝信さんは 何と姉さまと同じ年誕生日も近くって ずーと応援している南沙織さんの ご子息
南沙織の歌が大好きでした 









これから チックを観ます。カッキーの大好きな劇場 シアタートラムです[ほっとした顔][るんるん][るんるん]
素晴らしかったです[ほっとした顔][るんるん][るんるん] 篠山輝信さんの舞台は 始めて拝見させて頂きました。 惹き付ける力強い演技でした[るんるん]
篠山紀信さんが ご子息を観にいらしてました。私は 南沙織さんの大ファンでした[るんるん] 柄本時生さんは 個性豊かで 流石でした
土井ケイトさん カフカ
ダニーと紺碧の海等々 個性豊かの不思議な魅力の女優さん 藤田俊太郎さんも観にいらしてました。 あめくみちこさん 先日は春のめざめ 私の大好きな 焼肉ドラゴンにも出演されて 今日も素晴らしかったです[ほっとした顔][るんるん][るんるん]
大鷹明良さんも ベテランの味わいのある演技 俳優が舞台の移動 ビデオカメラの撮影 大活躍 車の運転席が客席にあって自分も一緒に旅に行ったような
姉さん 超お気に入り お勧めします

nice!(0)  コメント(0) 

チ・チャンウク入隊 [ミュージカル 劇]



姉さま 誕生日がチャン君と同じなので・・・ それだけでも嬉しかった
六本木に来日してくれた時は マジに通いました 今思えば夢のような日々でした。














nice!(0)  コメント(0) 

サムライ・エンターテインメント「アラタ~ALATA~」 [ミュージカル 劇]







―――――――――――――――
サムライ・エンターテインメント「アラタ~ALATA~」

作:横内謙介
演出:岡村俊一
音楽:Mili
ダンスクリエイター:Elina
サムライアクション・ディレクター:早乙女友貴

出演:
早乙女友貴、MOMOCA、吉田美佳子

銀座オープンとの事
日本にいらしている 海外のお客様向けという印象を受けました。
言葉が解らなくても理解できる内容で ダンスも サムライも早乙女友貴さんの殺陣(立ち回り)も 素晴らしい・・・

楽しいかったしリズムもノリノリで良かったです

 チケット代が8000円とは 高すぎると思います 6000円かな・・・ 色々工夫されていてサーカス的な楽しみもありますが 何度も来て欲しいと思うのなら リーズナブルにしないと 
日本の思い出で 海外のお客様に観て頂くには良いと思いました
nice!(0)  コメント(0) 

She Loves Me から 味スタ 忙しいぞ。。。感想追加 [ミュージカル 劇]



<キャスト>
木暮真一郎 【ジョー・ノワック 】
島田彩 【アマリ・バラッシュ】
tekkan【ラディス フ・シーポ】
岡村さやか 【イローナ・リタ】
小南竜平 【スティー ブン・コダリ】
有川マコト 【マラチェック】
坂口湧久 【アルパ・ラズロー 】
岩義人 【ウェイター】
笘篠ひとみ
白鳥光夏
向笠愛里

東京芸術劇場シアターウエスト
16時を取っちまっていました
試合がまさか 日曜日になると思わなくって? 19時開始には絶対に間に合わないっすでも 行くぞ  1時間でも観るぞ

妹たちに迷惑をかけるけど 宜しくっす

神戸戦なんです  ルーカス ポドルスキ選手がいるから・・ 

チクチクブーン  一和君が出演してセリフの多さにびっくり オーデションの最終を諦めた作品の
第2弾です

王家の紋章で カッパちゃんじゃなくって 頑張っていた 真一郎君が主演
歌の上手は島田彩千賀相手役
tekkanさんは もう ベテランの味岡村さんも歌が上手だし
坂口湧久 わく君は15歳の若さ 子役さんからだから 演技も凄かった

岩義人さんは出番が少なすぎる・・・
有川マコトさんは 舞台を〆でいましたね
小南竜平君は・・・ダンサーだと素敵ですが 今回はセリフと歌がありました
周りの方が上手だったので私的には凄く目立てしまって・・・ドンドン上手になって行くでしょう。と期待しています


さあ サッカーの方は ホームでの勝利 それも最後の最後 良い時間帯の得点で最高に嬉しかったです
キーパーが 林じゃなくて大久保だったので 正直不安でしたが 昨日は彼のナイスキーパー 燃えていましたね
19日のレッズ戦 勝ちたいっす

とても とても 幸せな一日になりました
nice!(0)  コメント(0) 

ビリーエリオットのサポーターイベントに当選して [ミュージカル 劇]

大好きな 大好きな ビリーエリオット
ビリーエリオットのサポーターイベント 50人だったので 当選は難しいと思いつつ
応募の時に 思いのたけを書いて応募 10日は 伊豆にいましたが そこで当選メールをみて ジャンプして喜んだ私 従妹たちも これだけ喜んでもらえれば?と爆笑

某会場にて めったに入れない会場に・・・興奮しまくって・・・でも いつもお逢いしている方がいらして お話しすることが出来た マー君のファンの方は エジプトから買ってきた帽子をかぶってフォトを撮っていた事も知っていた 今回はスイングだから 出番もまちまちだなどなどお話し出来て良かった。

なんとMCが ミスターりんご様  
最初に関西で放送された  小籔とビリー"〜小さなバレエダンサー ビリー・エリオット〜
ゲストが 吉田鋼太郎さん 心温まるトークが楽しかった  (デスノートのリュークは私の中では 鋼太郎さんしか考えられないと言うのが本音です 大阪公演では 石井一孝さんが 体調不良で休演するので デスノートで 重要な役のリュークの事が 俵さんを応援するけれど 心配で仕方ない自分がそこに)  
加藤ビリーと瑠マイケルも・・・

それを皆さんで観て スペシャルゲストの登場・・・
子役ちゃんではなく 大貫勇輔さん 前日の 田村良太君のイベントに 原田優一さんがゲストで出演して しゃべる機関銃でしたが その時に友人が 大貫君も凄いよと聞いていたので・・・
まあ どんだけ ビリーエリオットを愛しているのか 出演者の方目線で 愛情たっぷりの質問への答えを聞けて 大感動いたしました

アドルフに告ぐでは俳優としても凛々しかったし トークが 凄く面白くって 姉さまのつぼにはまりました。
栗原さんの時は スイングを応援しているので 丸山君とマー君の出番が増えるんですが
大貫君は自分がすべて出演するので・・・ 出番が少なくなると そんな目線でしたが
この日をさかえに ダンサー 俳優 大貫勇輔さんを 観たくなりました。

お話を聞いて ビリーエリオットの 観方も 楽しみが増えました。

非売品の グッズも頂けて 夢のような嬉しい時間を過ごせました。

森山大輔さんは 始まる前に 体系を維持して下さいって言われているそうですが 10キロ位痩せてしまったそうです  ピアノと 3人で縄跳びをしたり 踊れるおデブさんですから
維持をするって大変ですね

マジに大人も あざだらけで頑張っているそうです


絶対に観て欲しい マジに素晴らしいです

wowowで放送して欲しいな・・・
20664969_1093385337462443_6403724208802972800_n.jpg20708115_1093385390795771_8860547377227908637_n.jpg
nice!(0)  コメント(0) 

超進化ステージ『デジモンアドベンチャー tri. [ミュージカル 劇]







初心者からツウまで!演劇総合情報サイト『エンタステージ』http://enterstage.jp/
現在、東京・Zeppブルーシアター六本木にて上演中の、超進化ステージデジモンアドベンチャー tri. ~8月1日の冒険~』。本作は、TVアニメ『デジモンアドベンチャー』シリーズの放送15周年を記念して製作された最新作『デジモンアドベンチャー tri.』を初舞台化した注目作。高校生になった八神太一(松本岳)、石田ヤマト(橋本祥平)たちの心の葛藤や成長を描いたストーリーはもちろん、操り人形で表現されたデジモンたちや、映像による舞台演出にも注目です。



八神太一:松本岳
石田ヤマト:橋本祥平
泉光子郎:上村海成
城戸丈:小松準弥
高石タケル:野見山拳太

お見送りハイタッチもありました
ブルーシアター六本木は 何度も通ったので スタッフの方も顔なじみ 情が湧いてくる劇場であり
チャンウク君との思い出を懐かしい 夢のような日々だったなと・・・
nice!(0)  コメント(0) 
前の10件 | -
メッセージを送る