So-net無料ブログ作成

ごめん愛してる アキラとあきら [テレビ番組 嵐など]

大好きな ドラマが始まりました。

http://www.tbs.co.jp/gomen_aishiteru/

誰にも愛されたことがない男は、
自分を捨てた母に復讐を誓った…
そして、運命の出会い
男は、生まれて初めて人を愛すること、
愛されることを知る…
愛する人を求め、母親を求める男の物語

 幼い頃、母親に捨てられ不遇な環境で過ごしてきた岡崎律(長瀬智也)。底辺で生きる彼の居場所はもはや裏社会にしかなかった。そんな暗澹とした日々を送っていた律は、ひょんなことから一人の女性・三田凜華(吉岡里帆)を助ける。後に、これが二人にとって運命を変える出会いとなる…。
 ある日、律は事件に巻き込まれ頭に致命的な怪我を負い、命がいつ尽きるかわからない状態に。せめて最期に親孝行がしたいと実母を探し始めた律は情報を掴み、母親・日向麗子(大竹しのぶ)を探し当てる。しかし律が目にしたのは、貧しさゆえに自分を捨てたと思っていた母親が息子のサトル(坂口健太郎)に溢れんばかりの愛情を注ぐ姿。裕福で幸せそうな二人の様子に愕然とした律は、母親への思慕と憎しみに葛藤する。そんな時、律は凜華と再会する。凜華は幼なじみであるサトルに思いを寄せていたが、その思いは届かず寂しさを抱えていた…。
 母に捨てられこれまで誰にも愛されなかった悲運を呪い愛を求める律と、だんだん彼に惹かれていく純粋で愛情深い凜華、母の愛を一身に受け屈託なく生きるアイドルピアニストのサトル、そして自分が産んだ律がそばにいることに気づかずサトルを溺愛する麗子。律―凜華―サトルの男女、律―サトル―麗子の母子、二つの三角関係が交差するこの夏一番切ない愛の物語だ。
主人公の岡崎律を演じるのは、長瀬智也。律は血の気が多くケンカが強い、その一方で人間的な温かみを持つ男。
 三田凜華を演じるのは、吉岡里帆。他人のために自己犠牲をいとわない純粋で愛情深い女。日向サトルを演じるのは坂口健太郎。サトルは元ピアニストの母親の英才教育を受けて育ち、卓越した演奏技術とルックスで、今では老若問わず女性に絶大な人気を誇るアイドルピアニスト。律が、憎しみながらも激しく求めることになる母親・日向麗子を演じるのは大竹しのぶ。麗子はアーティスティックな元一流ピアニストだったが、その後に挫折を経験。現役時代は世界で活躍してきたことから、プライドが高く周囲を振り回す傾向にあるものの、サトルに対しては自分の持ちうる全ての愛情を注ぎ、甘やかしている。律と同じ児童養護施設で育った河合若菜を演じるのは、池脇千鶴。若菜は8歳の息子を持っているが、若菜自身子どもの頃に事故に遭い高次脳機能障害となり、事故のときと同じ7歳程度の知能でとまってしまっている。若菜は憎む、恨むといった感情のない気持ちの大きな女性。それだけに、律にとっては「自分が守らなければ」と思わせる存在でもある。
 また、サトルが夢中になる個性的な天才サックス奏者・古沢塔子役に、注目の成長株・大西礼芳。塔子は“恋に奔放で自分の思うまま自由にかっこよく生きる”という役どころ。そして、麗子を憎み律に近づくゴシップ記者・加賀美修平役を六角精児。麗子を崇拝していて彼女のためなら手を汚すこともいとわないマネージャー・三田恒夫役を中村梅雀が演じる。麗子を巡る二人の男性はそれぞれ秘密を抱えており、六角・中村のベテラン勢がドラマにサスペンス色を加える。

おかざき りつ
… 長瀬智也

三田 凜華みた りんか
… 吉岡里帆

日向 サトルひゅうが さとる
… 坂口健太郎


古沢 塔子ふるさわ とうこ
… 大西礼芳

河合 魚かわい さかな
… 大智

黒川 龍臣くろかわ たつおみ
… 山路和弘

立花 さと子たちばな さとこ
… 草村礼子


加賀美 修平かがみ しゅうへい
… 六角精児


河合 若菜かわい わかな
… 池脇千鶴

三田 恒夫みた つねお
… 中村梅雀

日向 麗子ひゅうが れいこ
… 大竹しのぶ


ソジソプが大好きになった 作品  そう 彼のファンミで韓国まで行きました

懐かしいな・・・  

白線流しの時から 彼の演技が大好きなんです 長瀬智也君 

 


この曲じゃないとね・・・



http://www.wowow.co.jp/dramaw/akira/?gclid=CjwKEAjwqIfLBRCk6vH_rJq7yD0SJACG18frIR5OEYXV6iMFJEHJOOfjuQkK3wDl59UHcYjpuPokrBoCo2zw_wcB

池井戸潤の“幻の長編”と呼ばれていた「アキラとあきら」。
その作品が徳間書店よりオリジナル文庫『アキラとあきら』として
刊行されるのに合わせ、WOWOWが最速ドラマ化。
放送日は7月9日(日)に決定した。

WOWOWが池井戸作品を手掛けるのは
「連続ドラマW 空飛ぶタイヤ」
「連続ドラマW 下町ロケット」
「連続ドラマW 株価暴落」に次いで4作目だが、
今回はその中でも最長の全9話で制作。スリリングな展開と重厚な
人間ドラマが持ち味の池井戸作品をじっくりと堪能できる。


大企業の御曹司として、約束された次期社長という“宿命”にあらがう階堂彬(かいどうあきら)。父の会社の倒産、夜逃げなど過酷な“運命”に翻弄されながらも、理想を育んだ山崎瑛(やまざきあきら)。

2人の人生は、何かに導かれるように交差する。幼少期から青年期にかけて、誰もが経験する人生の選択。反抗、親友との別れ、肉親の死、初恋、受験、就職、成功、挫折…。人生のキーワードを盛り込みながら、バブル経済とその崩壊、激動の時代を背景に、「アキラとあきら」の“宿命”のドラマを描く。




彬役には6月に自らが企画した映画『いつまた、君と ~何日君再来(ホーリージュンザイライ)~』の公開が控える向井理、瑛役には俳優としてだけではなく、映画情報番組「映画工房」の司会、監督業など幅広い分野で活躍する斎藤工。
W主演の2人は連続ドラマW初登場となる!!

なお、原作『アキラとあきら』は大幅な加筆修正を加え、2017年5月31日に徳間文庫より発売される予定だったが、問い合わせや希望が相次ぎ急遽5月17日に前倒しての刊行が決定している。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。