So-net無料ブログ作成

エデンの東とジャイアンツ 素晴らしい映画でした [映画]






NHKさまさまです

BSシネマで放送してくれて じっくり観ることが出来ました

エデンの東の ジェームスディーンは 母性本能をくすぐられますね そして ファッションセンスもあの時代にもあった。

ジャイアンツは 人権問題などなど 鋭く描いた壮絶な作品でした



エデンの東

1917年、アメリカ合衆国カリフォルニア州サリナス。当地トラスク家の次男ケイレブ(愛称キャル)は、秘密を探っていた。無賃乗車して、モントレーの港町でいかがわしい酒場を経営しているケートを尾行していた。彼女が死んだと聞かされていた自分の母かもしれない人物だったからである。キャルは父アダムの企画していたレタスの冷凍保存に使用された氷を砕き、そのことで聖書の一説を引用した叱責を受ける中、「自分のことを知りたい、そのためには母のことを知らなければ」と母のことを問い質す。アダムは母との不和を話したが、彼女は死んだということは揺るがない。キャルはケートの店に向かい、彼女と直接対面するも話には応じられず追い返されてしまう。その後、キャルはアダムの旧友である保安官のサム・クーパーから誰にも見せなかったという両親が結婚した時の写真を見せられ、ケートが自分の母だと確信する。

ある日、キャルは「父から愛されていないのではないか」という自分の悩みを兄アロンの恋人アブラに打ち明ける。すると、彼女も同じ悩みを抱えていたことがあったことを語り、二人の心が近づく。

やがてアダムが冷凍保存したレタスを東海岸に運び大商いをして大儲けすることを狙って、貨物列車で東部の市場へ輸送したが、その途中で峠が雪崩で通行不能となり、列車内で氷が溶けて野菜が腐ってしまい大損害を蒙る。キャルは損失額を取り戻すべく、取引の先見の明を持つウィル・ハミルトンのもとを訪れ、彼に認められて戦争に伴う景気変動から豆が高騰するという話を聞くが、投資額は彼に工面できるものではない。そこで彼はケートのもとへ向かい、資金を求めるが一度は断られてしまう。しかし、そこでケートが家を出た理由は自由を求めていたからということ、アダムがインディアンとの戦いで負ったと言っていた傷はケートが家を出るときに彼女に撃たれて負ったということ、ケートも息子キャルと同じようにアダムから聖書を引用した叱責と清廉であることへの束縛を嫌っていたことが語られ、話の後には資金の提供を受けることに成功する。

第一次世界大戦が始まり、景気変動によってキャルは利益を上げるが、アーロンは自分は戦争に反対しているとキャルに語る。その一方、ドイツ系移民である靴屋のグスタフ・アルブレヒトは戦禍の煽りを受けることとなる。祭りの日、キャルはアロンと待ち合わせしていたアブラと出会う。アーロンとの待ち合わせまでの時間、早く来ていたアブラと共に行動するキャル。二人は観覧車に乗り、キャルはアブラからアーロンとの間には何か違和感を覚えること、母のいないアーロンが自分に求める母親の像と自分とは違っているということを打ち明けられ、そしてアブラはキャルに唇を許す。

一方、その観覧車の下では、靴屋のグスタフ・アルブレヒトが反ドイツ感情の強い人々に小突かれて、その中にアーロンが巻き込まれたことを目撃したキャルは彼を助けるべく騒ぎの中へと飛び込み乱闘騒ぎとなる。保安官のサム・クーパーがその場を収め騒ぎは静まったが、キャルは乱闘に巻き込まれたアーロンを助けに入っのに、アブラが近くにいたので、アーロンはキャルがアブラの前でいいかっこをしたかっただけだと思ってしまい殴り合いを始める。

大豆の取引によってキャルが得た利益が父アダムの損失額を補填できる金額になり、アダムの誕生日にそれを渡すキャル。しかし、戦争に良い感情を持たず、戦争を利用して大金を得たことをアダムは叱責して金を受け取らず、アーロンとアブラが婚約を伝えたように清らかなものが欲しかったと語る。キャルは大声で泣き「父さんが憎い」と叫んで出て行く。嘆くキャルをアブラが慰めているのを目撃したアーロンは激昂。アブラにキャルのところに行くなと厳しい口調で伝える。それに対してキャルは父への憎しみが何時しか兄への憎しみに変わり、母であるケートの酒場にアーロンを連れていき初めて彼に母と対面させる。驚いたアーロンを母と二人きりにさせてキャルが帰宅する。アーロンの行方をアダムに問われると、「知らないね、僕は兄さんの子守りじゃないんだ」[2]と返し、ケートが家を出た理由にも触れ、父との決別を告げる。アーロンは、最も軽蔑する女が自分の母であったことを知って激しいショックを受け、自暴自棄になって、その日のうちに出兵する。

アダムは知らせを受けて駅に行く。出兵する若者を乗せた列車の窓からアーロンは頭でガラスを破って父を笑い、列車は動き出す。そのことはアダムにとって余りのショックで、列車が出た直後脳出血で倒れ、身動きも出来ない重病人となった。身体が麻痺して寝たきりの状態になって看護婦が付きっきりになった。キャルは自分がやったことで起きた事態に良心の呵責に苦しむ。皆が見舞いに来る中で保安官のサムがキャルに「アダムとイヴの子カインは、嫉妬の余りその弟アベルを殺す。やがてカインは立ち去りて、エデンの東ノドの地に住みにけり」と旧約聖書の一節を語って、取りあえずお前はこの家から出て行った方がいいと諭す。自分も去らねばならないと決意したキャルは病床にあるアダムに許しを乞うが、アダムはもはや虚ろな目で何の反応も示さない。キャルは絶望の淵に立つこととなった。

アブラは自分の心の中にキャルがいることに気づき、病身のアダムのベッドの傍で一人必死に、キャルが父の愛を求めていたことを語り、キャルに何か頼み事をしてほしい、そうでないと彼は一生ダメになってしまうと訴え、絶望して部屋に入りたがらないキャルを説得して父のベッドで再び許しを請うように促す。アダムはキャルに何かにつけて煩い看護婦を辞めさせてくれと頼む。看護婦に「GO OUT(出て行け)」とキャルが叫んだ直後、アダムの目が訴えるようになり、キャルがアダムの口元に耳を寄せる。微かな声で「代わりの看護婦は要らない。お前が付き添ってくれ」と告げるアダム。確かな言葉で父の愛を知ったキャルとアブラは涙する。そしてキャルは父のベッドの傍らに座る。

ケイレブ(キャル)・トラスクジェームズ・ディーン、日本語吹替 - 野沢那智、池田秀一(機内上映版)主人公。アダムの次男でアーロンの弟。アダムより聖書にちなんでケイレブと名付けられるが、映画では愛称のキャルと呼ばれている。粗暴と言われるが孤独で、父アダムから愛されていないことで悩んでいる。

アブラジュリー・ハリス、日本語吹替 - 香野百合子アーロンの恋人で、キャルやアダムへも気配りを忘れない優しい娘。実はキャルの抱える悩みと同じ思いをしたことがあるのだが、今は親との仲は良好。

アダム・トラスクレイモンド・マッセイ、日本語吹替 - 鈴木瑞穂キャルとアーロンの父。かつては東部で農場を経営していたが、1年前に東部からサリナスへと移住し、レタスの栽培と冷凍輸送を考え始める。敬虔なクリスチャンで、キャルが問題を起こしたときには聖書を取り出し、聖書の一節から教えを説く

ケートジョー・ヴァン・フリート、日本語吹替 - 鳳八千代モントレーでいかがわしい酒場を経営している。激しい性格でアダムを撃ってケガを負わせた過去があった。しかしキャルには優しい一面を垣間見せることがある。

アーロン・トラスクリチャード・ダヴァロス、日本語吹替 - 富山敬アダムの長男でキャルの兄。アダムに従順で礼儀正しい性格から、アダムの期待を一身に受けている

ウィル・ハミルトンアルバート・デッカー、日本語吹替 - 石田太郎サリナス在住の資産家で、商売における目の付け所においては抜け目の無い人物。アメリカの第1次世界大戦参戦に伴う、穀物の値上がりを予想して一攫千金を狙い、キャルにそのことを教える


グスタフ・アルブレヒトハロルド・ゴードン、日本語吹替 - 宮内幸平サリナスで靴屋を経営しているドイツ系移民。アダムのチェス仲間で、キャルやアーロンとも親しい。アメリカの大戦参戦後はドイツの非道さが喧伝されるに対して「嘘だ、でたらめだ」と主張し、地元民との乱闘騒ぎを招く。その収拾は、キャルとアーロンの間に亀裂が生じる切っ掛けとなる。




ジャイアンツ

ストーリー[編集]

テキサスに59万エーカーもの広大な土地を持つ牧場主ジョーダン・ベネディクト2世(ロック・ハドソン)が、東部の名門の娘レズリー(エリザベス・テイラー)を妻に迎える。初めてテキサスを訪れた彼女はその途方もない広さに驚き、東部とはあまりにも異なる人間の気質と生活習慣に戸惑う。夫の姉ラズ(マーセデス・マッケンブリッジ)の冷たい視線にも苦しめられ、一時は夫婦の間の絆にも危機が訪れるが、レズリーは持ち前の粘り強い性格でそれを乗り越えていく。

このレズリーに密かに心を寄せるがひねくれ者の若い牧童のジェット・リンク(ジェームズ・ディーン)。彼は自分に対する唯一の理解者であったラズが落馬事故で亡くなり、遺言で自分に土地の一部を残してくれたことを知る。ジョーダンは自家の農地が分割されることを嫌い、相場の2倍でその権利を買い取ることを申し出るがジェットはその土地に賭けてみることを決心する。彼は油田ブームの到来を知り、自分の土地でも石油が出ると信じ、土地を抵当に石油の採掘を行う。資金が底を尽きかけたときついに油田を掘り当て、大金持ちになる。吹き出した原油を全身に浴びた姿で、泥酔してベネディクト家に乗り込んでレズリーに馴れ馴れしい態度を示すジェットは、夫のジョーダンに殴られるが、隙を見て彼を殴り返し、そのままトラックで逃走することに成功する。ジョーダンと叔父のバウリーは「もっと早い段階で奴を倒しておくべきであった」と後悔する。

歳月は流れ、米国でも屈指の大富豪になったジェットは、私財を投じて病院建設などの慈善事業を展開し、地方の名士の仲間入りを果たした。これに対し本業の牧畜業がうまくいかなくなったが、やはり石油事業に乗り出し巨万の富を得たジョーダンであったが成り上がり者のジェットの成功を苦々しく思っている。やがてジェットは巨大なホテルを建設し、その祝賀パーティにベネディクト一家を招待する。ジェットの富に張り合うためジョーダンはダグラスDC機を新調しパーティ会場に一家で乗り込む。しかしながら祝賀パレードで娘のラズ2世が、自分に断りもなしにジェットをたたえる王女役でオープンカーに乗っているのを見て不機嫌になる。

ホテルで息子のジョーダン3世のメキシコ人の新婦が人種差別を受けたこと発端として、ホテルの祝賀パーティの席で両者は対決の時を迎える。

パーティの席で、ジョーダン3世を打ちのめされたジョーダンは、ワインセラーで決着をつけることを申し出る。しかしながら泥酔しふらつくジェットを見て、打ちのめす価値もない男と感じたジョーダンは、ならんだワインの棚をドミノのように押し倒して去る。しかしジョーダンもジェットに富で張り合おうとした自分の非を悟り、帰途は自家用車でドライブ旅行することにした。ふと立ち寄った白人のテキサス男が経営するレストランで、経営者がメキシコ人を差別して追い出そうとする場面に遭遇し、意見をしたことから両者は殴り合いのけんかとなる。大男同士の激しい殴り合いの結果、ジョーダンは打ちのめされてしまう。

帰宅後、ジョーダンはソファーでレズリーの膝枕で横になり、レズリーは彼の行動をほめたたえる。そして白人の孫とメキシコ人との混血の孫を満足げにながめる。

この物語にジョーダン3世(成長してデニス・ホッパー)、ラズ2世(成長してキャロル・ベイカー)、アンヘル2世(サル・ミネオ)らが複雑に絡み合い、メキシコ人差別の問題も盛り込みながら30年間のドラマが繰り広げられる。

nice!(0)  コメント(0) 

二十日鼠と人間 トップハット [映画]

https://www.hatsukanezumi-ningen.jp/
三宅健さん主演で グローブ座で公演があるので 映画のDVDを借りて観てみたら 凄く良かったので
何とか少しお金がかかったが購入しました

 凄く楽しみ



1992年の映画

キャスト[編集]
ゲイリー・シニーズ:ジョージ・ミルトン
ジョン・マルコヴィッチ:レニー・スモール
レイ・ウォルストン:キャンディ
ケイシー・シーマツコ:カーリー
シェリリン・フェン:カーリーの妻
ジョー・モートン:クルックス


1930年代、 大恐慌時代のカリフォルニア州。いつか自分たちの農場を持つという夢をもつ出稼ぎ労働者、ジョージとレニーはいつもともに行動している。しかし、頭の回転が悪い大男のレニーがいつも問題を起こすためひとつの場に居つくことができず、数々の農場を渡り歩くはめになる。そんな2人がたどり着いた新たな働き口で、働き者で賢いスリム、ボスの息子のカーリー、若さと美貌を兼ね備えるカーリーの妻、下品で無神経なカールソン、多額の貯金を持つ片手が無く孤独な老人キャンディ、黒人であるがために賢くとも馬小屋に住まわされているクルックス等に出会い、生活をともにしてゆく。

ジョージはいつもレニーに彼の夢を語っていた。そしてある日、キャンディの、右手を失った際の資産によって、ジョージとレニーの夢が現実味を増す。しかし夢の実現を前に、2人に悲劇が訪れる…。この時代の貧しい労働者たちの境遇とレニーの無邪気さが物語の中心に据えられている。

登場人物[編集]
ジョージ・ミルトン (George Milton)小柄で頭の回転の速い季節労働者。2人の主人公の1人。
レニーの伯母クララから知能の低い甥レニーの面倒を見るように頼まれる。レニーの親友、一番の理解者でありレニーとともに自分たちの農場を買うという夢を持つ反面、レニーのいない自由な生活を夢見る。

レニー・スモール (Lennie Small)名前に反する巨大な体と子供と同程度の知能を持ち合わせた男で、ジョージとともに旅をする労働者。小動物の毛皮などやわらかいものをなでるのをひどく好むが、その強大な力ゆえなでていた動物をいつも殺してしまう。夢はジョージと共に牧場を手に入れ、そこでウサギをたくさん飼育すること。

カーリー (Curley)ボスの息子でボクシングの元ライト級準優勝者。気が短く、小男ならではのコンプレックスをレニーにぶつける。ジョージたちの来る2週間前に嫁をもらった

キャンディー (Candy)右手首から先の無い老人。老犬を飼っているが、周りからは良い顔をされない。

スミッティー (Smitty)ジョージとレニーが来る以前に農場で働いていたが、ある日突然仕事をやめた。

カーリーの妻 (Curley's wife)若く美しく、そして魅力的であり、物語に登場する唯一の女性。何時も男性の気を果たせなかった。カーリーの妻であるが母親の元を去るために結婚したため、カーリーのことを愛してはいを引こうとするため、カーリーにはいい顔をされない。もともと映画に出ることが夢だったが、母親の反対で夢ない。

スリム (Slim)農場の労働者のリーダー格。賢く落ち着きがあるため、周りからは頼りにされている。サラという名のメス犬を飼っている

クルックス (Crooks)幼少期、馬に蹴られたため背中の曲がった黒人。読書家。ボスやカーリーの妻から怒りの捌け口にされる毎日を送る。

カールソン (Carlson)品が無く粗野な労働者。キャンディーの飼っていた犬を、持っていた銃で撃ち殺す。

ウィット (Whit)労働者の一人で、ジョージとカードをしたりする。

ボス (The Boss)農場の持ち主でカーリーの父親。労働者たちからは悪く思われていないが、クルックスには黒人であるがゆえの差別を辞さない


クララ叔母さん (Aunt Clara)レニーの叔母でレニーの恩人。彼女が死んだことにより、二人は一緒に農場を渡り歩くことになる。







トップハットのDVDは2回目なのですが  こっちは 楽しいのか凄く不安です

https://www.tophat-musical.jp/




nice!(1)  コメント(0) 

ナミヤ雑貨店の奇蹟 [映画]

wowowありがとう 観れました  劇は行けなかったので 行けばよかった
って 姉さま的には このような映画が好きです
34丁目の奇跡が あのクリスマスの映画が 大好きなので 何となく ちょっとパクリっぽい気もしますが・・

寛一郎君が良かったですね なんと 佐藤浩市さんの息子さんですね ちょっと期待したいと思いました。







出演:山田涼介、村上虹郎、寛一郎、尾野真千子、西田敏行、成海璃子、門脇麦、林遣都、鈴木梨央、山下リオ、手塚とおる、PANTA、萩原聖人、小林薫、吉行和子

原作:東野圭吾「ナミヤ雑貨店の奇蹟」角川文庫刊

監督:廣木隆一 脚本:斉藤ひろし

主題歌:山下達郎「REBORN」(ワーナーミュージック・ジャパン)
製作プロダクション:角川大映プロダクション
配給:KADOKAWA / 松竹

nice!(0)  コメント(0) 

映画『私の人生なのに』 [映画]



映画『私の人生なのに』
2018年7月14日(土)より新宿バルト9ほか全国ロードショー
出演:知英 稲葉友 / 落合モトキ 蜷川みほ 江田友莉亜 深沢敦 野中隆光 飯田孝男 根岸季衣 高橋洋  赤間麻里子
監督・脚本:原桂之介
原作:清智英・東きゆう『私の人生なのに』(講談社刊)
音楽:山本加津彦  
主題歌:JY「涙の理由」


稲葉友君は 姉さまが大好きな タクフェスに出演してくれたので
晩餐に出演してくれたので その時から地味に応援していました

タクフェスに出演して下さった方とは フォトも撮っているので・・・

舞台挨拶が当選したら観ようかなと思っています、


落合モトキくんは 先日 台湾より愛をこめて これは大野君の舞台挨拶付きを観て来ましたが 共演していましたね
nice!(0)  コメント(0) 

☆『猫は抱くもの』公開記念舞台挨拶 [映画]

監督:犬童一心×主演:沢尻エリカ×猫:吉沢亮
なりたい自分になれてない!猫と大人の再生の物語!
歌手になる夢を諦めきれない主人公・沙織(沢尻エリカ)が心を開くのは、自分を人間だと思い込んでいる猫・良男(吉沢亮)。こじらせた1人と1匹が、売れない画家ゴッホ(峯田和伸)や迷い猫のキイロ(コムアイ)、猫たちとの交流を通して、自分らしく生きるすべを見つけていく物語。笑って沁みて、見終えた後には、きっと大切な誰かを抱きしめたくなる―。
沢尻エリカ扮する主人公・沙織が劇中のアイドルグループ・サニーズ(伊藤ゆみ、林田岬優、佐藤乃莉、末永百合恵)の一員となり、歌って踊る姿は必見!そんな沙織を翻弄する男性・2役を柿澤勇人が熱演している。


6月24日(日)13:30の回
上映終了後(15:20~舞台挨拶)
【会場】京成ローザ(10)
【登壇者】犬童一心監督、柿澤勇人、林田岬優さん、佐藤乃莉さん、末永百合恵さん(予定)

京成ローザです  小川ローザなら知ってますが オーモーレツって 若い方達が知らないのが悲しい。

さあ 行きます
映画が楽しい事に期待 

感想は追加します
nice!(0)  コメント(0) 

映画 紅葉橋 [映画]

時は現代。
東京都墨田区、スカイツリーから程近い、すみだパークスタジオ内にある劇場『倉』に於いて、「墨東の乱」という演劇公演が初日を迎えようとしていた。
この公演は、朝井峻佑という役者が自らプロデュース・演出・主演を兼ねるというものだった。
実はこの「墨東の乱」という演目は、5年前に同じ『倉』でレッドリーブスという劇団が上演する予定だった。
劇団レッドリーブスは、山名孝治という男が地元墨田区の高校の演劇部の先輩や後輩たちを集めて結成した劇団だった。
そこには朝井や山名の妹の紗知や朝井と同じくプロの役者を目指していた北島という、同級生の三人もいた。
上演を間近に控え、レッドリーブスの「墨東の乱」は頓挫し、劇団も一年後に解散した。
その理由は何だったのか・・・。
朝井を除くレッドリーブスのメンバー達は、地元墨田区でそれぞれの道を歩んでいた。
5年後、朝井峻佑はなぜこれほど「墨東の乱」にこだわり、上演しようとしているのか。
今度こそ「墨東の乱」の幕は上がるのか。
忘れられない出来事・・・。
伝えられなかった想い・・・。

レッドリーブスのメンバーの5年間の生きざまを縦軸に、「墨東の乱」の初日を控えた舞台に関わる人たちの思惑を横軸に、人間模様が交錯するヒューマンストーリー!
この作品は「演劇」「舞台」を「映画」で描いた作品でもあります。
ご期待ください!


キャスト
柳下 大
山田菜々
安里勇哉
赤澤 燈
永岡卓也
加藤良輔
瀬尾タクヤ
染谷洸太
竹尾一真
木戸大聖
鈴川博紀
風山真一
富田麻帆
五十嵐可絵
ふじわらみほ
佐藤蕗子
宮原理子
難波なう
木村菜摘
三谷夏果
猪子めぐみ
玉城裕規
川本 成
奥山美代子
升 毅

2018年
8月18日(土)、19日(日) 曳舟文化センター

MUSIC

主題歌


『もみじ葉』


作詞:南鳩 史之 (FUMIYUKI MINAMIBATO)
作曲:小林 良孝 (YOSHITAKA KOBAYASHI)
  歌:和田 清香 (KIYOKA WADA)



覚えてますか、あの日の頬をなぜる風の優しさを
感じてますか、あの風は行き場を失くし今日も鳴いています
紅く

群れることが不得手なキミは不器用さを演じてた
その下手芝居続けることがムダだとわかっていたくせに

正直で身勝手なキミは、
あの時襲い掛かかった容赦のない選択にプライドを投げ捨てた

わざとはしゃいで甘えて、袖をつかむことができてればね
橋のざわめくもみじ葉は、キミの照れ笑いを連れてくる
今日も

いともたやすく壊れたのは、キミのつれなさだと、
そのせいにしながら、向き合うことを恐れてた

はるか遠くの夢を追う、キミの空は澄んでいて、
風が荒れ狂い叫んでも、伝えたい言葉があるんだ

キミに

それは

今でも…

今でも…


18日は水戸に行くので 19日に行きます めちゃくちゃ楽しみ  映画です
nice!(0)  コメント(0) 

猫は抱くもの [映画]








カッキーも出演します 高橋良男って詐欺しの役らしい・・・  高橋って私の旧姓じゃん
6月23日からです

http://nekodaku.jp/cast.html
nice!(0)  コメント(0) 

ヒース・レジャーの ROCK YOU! [映画]

wowowでの映画 ROCK YOU!を久し振りに観た

ヒース・レジャー 亡くなってしまいましたが 改めて 姉さま ファンでした



中世ヨーロッパで“馬上やり試合”に打ち込む若者の成長を描く青春アクション。2008年に急逝後、「ダークナイト」でアカデミー賞助演男優賞に輝いたH・レジャー主演。
14世紀。庶民である若者ウィリアムは仲間を連れ、自分が騎士だと偽り、騎士しか参加できない“ジュースティング(馬上やり試合)”の大会に参加していく。貴婦人ジョスリンにひと目惚れしたウィリアムにとって、アダマー伯爵は恋と試合、両方でライバルになる。しかし伯爵は戦地に派遣され、ウィリアムは何か物足りない毎日を送るように。やがてロンドンで開かれた大会で、ウィリアムは復帰したアダマーと久々に対戦するが……。


たまには 洋画も楽しい
nice!(1)  コメント(0) 

ミュージカル『青春-AOHARU-鉄道』応援上映会 [映画]

実施日
4月30日(月・祝)

実施時間
18:30~の回(上映終了後に舞台挨拶)

ゲスト
永山たかし、KIMERU、鯨井康介、神里優希、田中涼星

チケットゲット 嬉しいな・・・久し振りに 鯨井君に逢える






■ミュージカル『青春-AOHARU-鉄道』3~延伸するは我にあり~
■原作:『青春鉄道(あおはるてつどう)』 (KADOKAWA/コミックウォーカー・月刊コミックジーン連載中)
■原作者:青春(あおはる)
■脚本:演出・作詞:川尻恵太(SUGARBOY)
■音楽:あらいふとし +ミヤジマジュン 
■振付:EBATO 
■公演日程:
【東京】2018年5月4日(金・祝)~13日(日)品川プリンスホテル クラブeX
【神戸】2018年5月18日(金)・19日(土)新神戸オリエンタル劇場
【新潟】2018年5月25日(金)・26日(土)長岡リリックホール シアター
■出演:永山たかし KIMERU 郷本直也 鯨井康介 高橋優太 高崎翔太 山本一慶     稲垣成弥 渡辺コウジ 神里優希 田中涼星 他

nice!(0)  コメント(0) 

ミッドタウンにて リメンバーミー観て来ました [映画]













ミゲル・リヴェラ役は石橋陽彩
ヘクター役は藤木直人
ミゲルの父エンリケは横山だいすけ
母ルイサは恒松あゆみ
エレナ役は磯辺万沙子
ココ役は大方斐紗子
イメルダ役は松雪泰子
フリオ役は多田野曜平
エルネスト・デラクルス役は橋本さとし
ロス・チャチャラコス役はシシドカフカ&スカパラ茂木欣一
マリアッチ広場の女性ミュージシャン役はSKE48高柳明音
フリーダカーロ役は渡辺直美
ヘッドクラーク役はチョー  などなど

デイズに―の映画は メルヘン  良かったです





nice!(1)  コメント(0) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。